二日酔いの防止方法と飲む前・飲んだ後に効くサプリメント

楽しい飲みの場でついついお酒が進み飲み過ぎてしまい、次の日にもまだ酔いが覚めきらず二日酔いになってしまった経験は皆さんお持ちでしょう。

 

体調が悪さの典型的な症状として、吐き気や頭痛、食欲のなさや身体の重さだるさなどがあります。休日楽しく飲んで気づけば二日酔いになってしまい、その日が月曜日だった場合、かなりきつい週始めとなってしまいますが、このようなことは意外と起こってしまいがちなものです。

 

お酒は適量を摂取する分には、気分転換やストレス発散のきっかけとなったり、身体も温まって寝つきがよくなったりする場合もあるので、かかせないものではありますが、過度に飲み過ぎると、アルコールが身体の中で代謝されるときにできる産物が有害となることもあるので、飲み過ぎには注意する必要があります。

 

当サイトでは、お酒と上手につきあっていくために知っておきたい、二日酔いになりやすい人の特徴や二日酔いが起こる原因などをみていきたいと思います。

 

↑初回モニター価格980円!(通常5,980円)レバリズム-L!

肝機能を高めるサプリ

しじみ習慣

ビジネスマン

飲み会が続くシーズンのサプリとしておすすめ!

しじみの力で肝機能回復!楽しくお酒が飲める!
60粒(1ヶ月分) 3980円 送料450円

公式サイトへ


 

 

肝パワーE

元気がぎゅっと詰まった今までにないサプリ!

カキ・梅・にんにくのパワーが詰まった元気サプリ
3粒×15包(1日当たり1?3粒) 4725円

公式サイトへ


二日酔いが起きやすい人の特徴

人の肝臓には摂取したアルコールを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素という酵素が存在します。実はこの酵素の働きの強さの違いがお酒に強い人弱い人の違いつまりは、二日酔いになりやすい人となりにくい人の違いにつながっています。

 

ドイツでは人々がたくさんビールを飲んでいたりして、白人や黒人はお酒が強い印象があると思いますが、実際白人や黒人は、このアルコールを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが強いと言われています。これに対して日本人を含む黄色人種と言われる人種はアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱いと言われています。

 

また、同じ黄色人種でも、例えば自分とあの人は同じくらいお酒を飲んだのに、自分はもうふらふらなのにあの人はまだぴんぴんしているなということがあるように、同じ人種であれこのアセトアルデヒド脱水素酵素の働きには違いがあります。このアセトアルデヒド脱水素酵素の働きがものすごく弱い人はほんのわずかのアルコールを摂取しただけで、顔が真っ赤になってこれ以上肝臓でアルコールを処理しきれないという状態になります。この顔が赤くなっているサインを肝臓からの声として、しっかりとらえるべきでしょう。

 

このように、人によってお酒に弱い強いがあることを理解して、弱い人に無理にお酒を強要しないようにしましょう。このように上手くお酒とつきあえば翌日まで響く量はどれほどかや、どのくらいの量なら自分は心地よくお酒を楽しめるのかが徐々につかめてくると思います。そしてこのことを周りの人にも教えてあげて、一緒にお酒を楽しむ人が皆快適にお酒を楽しめるとなおよいことです。

 

同じ人の中でも、年をとるにつれ、肝臓のアセトアルデヒド脱水素酵素の働きがだんだん弱くなってきたり、その日その日の体調によっても肝臓の働きが弱くなっている時があったりもするということは頭においておくとよいでしょう。

 

忘年会シーズンなどは、気を付けてはいてもついつい飲み過ぎてしまうものではあるので、飲み過ぎてしまったならば、しっかりと肝臓を休めて体調を整えましょう。自分の体調を管理できるのはなんといっても自分自身です。