二日酔いはどうして起こるの?

成人している社会人の中には、これまでに二日酔いを経験したことがある方がたくさんいます。二日酔いになるとその日は一日中苦しめられることもあるので、出来れば避けて通りたいものです。

 

では、そもそも二日酔いとは何故起きるのでしょうか。お酒を飲んだ翌日には酔いも醒めているはずなのに、アルコールの影響によって二日酔いが起きてしまうのです。
実はそれほどお酒を飲んでいなくても二日酔いになってしまうこともあり得ます。そこには各人が持つ体の機能が関係しているのです。

 

人間の体は、アルコールを摂取すると肝臓で分解する働きを持っています。この時働くのがアルコール脱水素酵素と呼ばれる酵素です。この酵素によってアルコールはアセトアルデヒドという成分に分解され、更にアセトアルデヒド脱水素酵素の力で酢酸へと分解されていきます。
最終的にアルコールは水と二酸化炭素へと分解され、体外へと排出されていくことになります。

 

この過程が非常にスムーズに行われる方というのは、二日酔いになりにくいと言えます。たっぷりお酒を飲んでも翌日に引きずらない方というのは、肝臓でのアルコール分解能力が非常に高いのです。反対に、肝臓がアルコールの分解を苦手としている方は少量の飲酒でも二日酔いになることがあります。

 

もちろん、分解能力の高い人でも、その能力以上の飲酒を行えば二日酔いになる可能性は出てきます。要は、自分自身のアルコール分解能力を知り、それ以上の飲酒を行わないようにすることが二日酔い予防になる、ということです。

肝機能を高めるサプリ

しじみ習慣

ビジネスマン

飲み会が続くシーズンのサプリとしておすすめ!

しじみの力で肝機能回復!楽しくお酒が飲める!
60粒(1ヶ月分) 3980円 送料450円

公式サイトへ



 

肝パワーE


元気がぎゅっと詰まった今までにないサプリ!

カキ・梅・にんにくのパワーが詰まった元気サプリ
3粒×15包(1日当たり1?3粒) 4725円

公式サイトへ